UNICORN Team

23
壁にぶつかりながら自分自身をアップデートしてきた。UNICORNで働いて感じる自身の変化について -古川直樹-
+1

壁にぶつかりながら自分自身をアップデートしてきた。UNICORNで働いて感じる自身の変化について -古川直樹-

小学生の頃に初めてパソコンに触れ、プログラマーを目指して工業高校に入学。大学・大学院でもプログラミングを学び、新卒でアドウェイズに入社──。 一見、順風満帆なキャリアを歩んできたようにも見えますが「決してそうではなかった」とUNICORNのエンジニア・古川直樹は話します。 社会人生活を歩む中、さまざまな壁に当たり、その都度彼はどのように越えていったのか。本人の口で語っていただきました。 自分自身と向き合い続けたからこそ見えてきた”強み”自分の”強み”や”弱み”を考えたこ

スキ
4
謙遜ではなく、謙虚に生きていく。UNICORNのエンジニアが辿り着いた、自分にとって最適な働き方 - 山川亨

謙遜ではなく、謙虚に生きていく。UNICORNのエンジニアが辿り着いた、自分にとって最適な働き方 - 山川亨

「謙虚さはアピールしすぎると鬱陶しいかもしれない。でも、自分にとってそう生きていくのは、とても大切なこと──」 そのように語るのは、アドウェイズグループ在籍15年目のエンジニア、山川亨。現在はUNICORNでフロントエンドエンジニアを担当しています。 彼が謙虚な姿勢を貫き続ける理由、そしてこれまでのキャリアを本人の口から辿って紐解いていきます。 入社してから14年間、どうして長く続けてこれたのか? はじめまして。UNICORNの山川です。 聞いたところによると、世の中

スキ
13
“開発をするだけの人間にはなりたくない” UNICORNのコアエンジニアの二人が考える「働く意義」とは - キョ&カイリン

“開発をするだけの人間にはなりたくない” UNICORNのコアエンジニアの二人が考える「働く意義」とは - キョ&カイリン

UNICORNで働く社員一人ひとりにフォーカスを当て、どんなキャリアを経て、何を信じて働いているのかをそれぞれの言葉で語ってもらう「UNICORN Career Story」 第二回目に登場するのは、UNICORNの創業当時からのコアメンバーであるキョとカイリンです。 彼らは元々、UNICORNの親会社である株式会社アドウェイズで開発に取り組んでいたエンジニア。二人がそれぞれ10年以上前に開発したプロダクトは、現在でもアドウェイズの主要サービスの一つとして利用されているほ

スキ
21