見出し画像

かっこいいと思える企業で、信頼し合える仲間と働きたい - 次山遥大 -

UNICORN Narrative.

「Start to Narrative.」は、2022年4月にUNICORNに入社した新卒11名が、自分自身の言葉で物語を紡ぎ、UNICORNの未来へと繋げる企画です。

はじめまして。UNICORNに2022年新卒で入社した次山です。みんなからはツギと言われています。

現在、僕は広告代理店が抱える顧客の課題に対してUNICORNを活用し解決・価値提供を行う「SPC(Sales Partner Consuiting)チーム」で、主にアプリの休眠復帰プロジェクトを担当しています。アプリを一度離れたユーザーがどのようなタイミングでどのような広告に触れたら再度アプリを利用してくれるのかを考えたりする役割です。

今回は、僕自身がどんな人間なのかを皆さんに知っていただく良い機会になればと思い、僕がなぜUNICORNに惹かれたのか、そしてこれからの意気込みを書きましたのでぜひ最後まで読んでいただけるとうれしいです!

転校を繰り返し、人見知りを克服していった学生時代

幼少期を振り返ってみると、母親曰く、僕は自己主張をほぼせず、人見知りをめっちゃする性格だったそうです。小学校の三者面談では、あまりに自己主張しないのが不安ですと先生に言われるほどで、自分から人に話しかけに行くなんてもってのほかでした。

そんな自分にとってターニングポイントは2つあります。

1つは、“小学校時代に転校を経験できたこと”。もう1つは、“台湾の大学に進学できたこと”です。

まず小学校の転校を経験したことによって、人見知りはほぼ克服することができました。5年生で転校したので完成されているコミュニティに入っていくには相当なコミュニケーション能力と勇気が必要でした。でもあのとき頑張って一歩踏み出したおかげで今の僕があるといっても過言ではないでしょう。

もう一つは台湾の大学に進学したことですが、そこでは“自己主張は当たり前”であり、かなり大事なものだと思い知らされました。

かなり自己主張するタイプのつもりだったのですが、海外に行ってみんなが自分の思ったことを言っては行動し、体現していく姿を目の当たりにしたことで、まだ全然足りなかったことに気づかされたのです。結果として大学卒業する頃には、親に注意されるくらい自己主張強めの人間になっていましたね(笑)

自分がかっこいいと思える企業に入りたい

台湾の大学では、日本人で語学もままならない自分が4年間で卒業すること自体がそもそも難しいことでしたが、大学時代を遊んで終わるより何かを成し遂げたいという思いで海外にきたので諦めることはありませんでした。後にも先にもあれ以上大変なことはないんじゃないかと思えるくらいの4年間でしたね。

高校で進路を考える際に立てた目標は、“台湾の大学を4年間で卒業し、自分がかっこいいと思える企業に入ること”

UNICORNに入社することで、その両方を達成できたと思っています。

就職活動時の軸としては、まず中にいる人が“どんな雰囲気で働いているのか”、“どんなマインドを持った人がいるのか”が軸でした。

自分自身の働くモチベーションとして、共に働いて“楽しく成長できる雰囲気が想像できるか”、というのが最も大事だったからです。

UNICORNの第一印象は、説明会兼選考会でグループディスカッションを行った際に、社長であるやましょーさんが直接参加してくれて、そのままフィードバックをくれたことに驚いてすごい!って思いました。社長がフィードバックをくれたのは初めてだったので。あと取締役の井上さんもかっこよく、説明会の雰囲気もとてもリラックスできたところも好印象でしたね。

そのうえで入社の決め手は2つあります。

1つはUNICORNで働いてる自分を俯瞰して見た時に、“広告に対して本質を追い求めて動いてる会社で働いてる自分ってかっこいい”って純粋に思ったこと。

そしてもう一つは、エンジニアのキョさんや、マーケティングコンサルタントの神田さんとの面接を通じて、“会社として役割を超えて一つになって動いてると実感した”ことです。

就活時にエンジニアやシステムを作っている方々とどのくらい連携できて動けているかというところを気にしながら就活していたので、UNICORNはそこが純粋にすごいと感じたのは決め手の一つでしたね。

入社後研修で同期と共に得られた成功体験

入社して2ヶ月と少し経ちましたが、サポートについてもらいながらも、クライアントを1人で担当し、プロジェクトも1人で進めていくなんて想像もしてませんでした。こんなに早く実践まで任されると思わなかったという意味では、入社後に感じた良いギャップですね(笑)

入社から配属までの1ヶ月の研修期間は、同期同士の関係性をより深められる良い機会になりましたが、個人的にロープレが全くうまくできなかったことが今でも悔やまれます。

会社のサービスを紹介するというお題だったのですが、サービスへの理解度の薄さから緊張してしまい、自信を失ったのが失敗の要因でした。もっとサービスへの理解度を深めなくてはと感じたいい機会でした。

一方、配属するまでは座学がメインだったので、配属後は研修での経験を活かして実際に運用してみて分かることも多く、効果を改善できたときには成長を感じましたね。

みんなで楽しく働くために、早く一人前になる

僕が大事にしている価値観として、“常に周りを気にして動く”ということを大切にしてます。組織で働いてる全ての人と楽しく働きたい、という気持ちを常に持っていますね。

今後のビジョンとして、まずはこの1年間でコンサルタントとして一人前になりつつ、自分の持ってるプロジェクトを成功させたいです。それ以降はUNICORNにどう貢献できるかを常に考えながら働き、自分が求められてる部分で成果を出していきたいです!

1年目はまず一人前になり、2年目は伸ばせる売上や全てのことに対してアンテナを張り、伸ばしていく。3年目以降は想像がつかなすぎるのですが、社内の人たちから全てのことにおいて、信頼される人間でありたいです。
これからもツギこと次山をよろしくお願いします!!


▼UNICORNでは学生の皆さまを対象にサマーインターンを実施します!詳しくはこちらをご覧ください。

▼他の社員のストーリーを読む







この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!