マガジンのカバー画像

UNICORN Team

49
運営しているクリエイター

記事一覧

【新卒×先輩の公開1on1】新卒でUNICORNに入社して、私はどのくらい成長できている?

UNICORNでは新卒採用を絶賛実施中ですが、学生からよく聞かれるのが「UNICORNでは具体的にどんな業務をするの?」「どんなスキルが身につくの?」「どんなキャリアパスがあるの?」という質問です。 今回、そうしたUNICORNに対する疑問を解消し、実際の業務イメージをつけてもらうため、2022年4月に入社した新入社員とそのOJTを担当している先輩社員のお二人にお越しいただき、対談インタビューを実施しました。 普段なかなか聞くことのできない互いのフィードバックも飛び出し、

UNICORNに知識ゼロで入社してから、半年をどう過ごしたのか - なるお -

はじめまして。UNICORNの22年入社のなるおです。 つい半年前までは仙台の大学に通ってた、よくいる経済学部の一学生でした。6ヶ月なんてあっという間の毎日で大学生活が懐かしいですね。。 「入社からの半年を私がどのように過ごしてきたのか」を通して、UNICORNで働くことを知ってもらえたらいいなと思います。 ●チームに配属されるまでかなり遠い昔の話に感じるのですが、、、 就活のときはざっくりとだけ業界を絞っていました。それは「誰に向けて」のビジネスに携わるのか、に重要

やりきったと思えるその日まで。私はこれからもセールスの仕事を続けていく。 - 須田亜矢子 -

UNICORNは2019年より、グループ会社である株式会社アドウェイズと共同で、さまざまな手法を用い、ブランド広告主(グローバルに展開している大手企業)向けの広告運用事業に取り組んでいます。 着手してから約3年が経過し、チームの規模や事業領域は大きく拡大。現在は多数のブランド広告主さまのインターネットマーケティング事業を支援させていただくこととなりました。 今回のCAREER STORYでフォーカスをするのは、このチームでマーケティングコンサルタントとして働く須田亜矢子。

マーケティングと出会い、UNICORNへ。私の物語はここから始まる。 - 立石桃子 -

はじめまして。UNICORNの立石です。 UNICORNの新卒メンバーがお届けしている「Start to Narrative.」の企画を担当させていただいています。 私が就活生だったときは既存メンバーの「CAREER STORY」を読んで面接に挑み、入社への意思決定の材料にしていました。しかしサービスや仕事、組織の雰囲気を少し掴めたものの、先輩方の話はなんだか遠く、そして難しく感じられました。 そこで、UNICORNに興味をもってくれた就活生の皆さんの身近な存在として、

「広告が好まれる世界を創りたい」─僕がUNICORNを選んだ3つの理由 - 折本 亮-

はじめまして、UNICORN22年新卒の折本(通称:オーリー)です。 この記事を読んでくださっている方の中には、UNICORNへの入社を考えていたり、最終的にどこに入社しようか考えていたりする人もいるかと思います。 この記事では、そういった方に向けて、「UNICORNで働くことを通して、どんなことを成し遂げたいと思っているのか?」「なぜ僕がUNICORNを選んだのか?」今どんな仕事をしているのか?」についてお話したいと思います。 「UNICORN」について、新しい発見や

教師の道からUNICORNへ。私はこれからも自分の幸せに向き合って生きていく。

はじめまして。UNICORN22新卒の「たい」と申します。 私は、インターンにも行ったことがないし、広告業界の知識も皆無だったし、「会社で働く」なんて、大学院1回生の冬まであまり考えたこともない人間でした。こんな私が、なぜUNICORNに入社したのかを、少しお話させていただけたらなと思います。UNICORNには、こういう人もいるんやなあ程度に、読んでいただけると嬉しいです。 今思えば、私は「視野狭窄」に陥っていた就活を始める前、私の夢は「教師になること」、その中でも「海外

やましょーさんのことを好きすぎた結果、ぶっちゃけ何をしているかよく分からなかった会社に入社した話。 - 足立一真 -

はじめまして。UNICORN株式会社の足立と申します。 今年の4月にUNICORNに入社させていただきました。 いきなりですが、新卒研修の時に書いていた、僕の大学生活を綴った記事がこちらです。僕のざっくりしたプロフィールや過去が載っていて、かなり赤裸々で恥ずかしいですが、よろしければぜひ読んでみてください。 ここに載っている通り「the営業会社」を経験してきたので、UNICORNのようにフレックスタイム制×フルリモートという、僕からするとハイパー最先端な働き方にはついてい

最先端のアドテクだけじゃない。入社したての新卒が感じるUNICORNの「人」の魅力 - 兵藤ひなの -

はじめまして。UNICORN22新卒の兵藤です。 この記事を読んでくださってる方は、広告業界に興味がある、または私のように広告業界についてよくわからないけどUNICORNという会社に興味を持った人ではないかと思います。 拙い文章ではございますが、一人でも多くの読者に、入社したての私が感じている「UNICORNの魅力」が少しでも伝われば幸いです。 1.「何をして働くか」よりも「誰と働くか」を大切にしたいUNICORNを志望する人の中には、大学時代に広告やマーケティングにつ

UNICORNで働く新卒エンジニアの一例 〜Tomの場合〜

はじめまして。UNICORNに2022年新卒で入社したTomです(北陸生まれの日本人です)。エンジニアとして採用され、12人からなるエンジニアチームの中で日々楽しく働いています! 僕のnoteが「UNICORNで働く新卒エンジニアの一例」としてこれから入社する新卒に少しでも参考になればと思い筆をとらせていただきました。ぜひ最後まで読んでもらえるとうれしいです。 どんな仕事をしているかUNICORNに入社後は、研修を経て配属され、6月から主にUNICORNで用いるデータベー

”自分”の価値観を言語化したからこそ、"他人"に惑わされず納得できる意思決定ができた -結城崇大 -

はじめまして。UNICORN22卒の結城です。 UNICORNの新卒として入社して早数ヶ月、まだまだ半人前ですがいち早く会社やクライアントに貢献できるよう日々頑張っています。さて、そんなまだまだ新人な僕ですが、今回のnoteでは、なぜ僕が今UNICORNで働いているのか、自分の半生を振り返りながら綴っていければと思います。 自分で言うのもなんですが、国立の理系大学院を卒業しておきながら総合職としてUNICORNに入社するという決断はなかなか興味深いと思ってます(笑) で

デジタル広告の常識を覆す「インタラクティブ広告」を作るプランナーの、これまでとこれから - 海老名京介 -

UNICORNは2019年より、グループ会社である株式会社アドウェイズと共同で、さまざまな手法を用い、ブランド広告主(グローバルに展開している大手企業)向けの広告運用事業に取り組んでいます。 その中でも、ユーザーが実際に広告に触れることができる体験型広告「インタラクティブ広告」は、私たちが得意とする広告手法の一つです。 今回のCAREER STORYでフォーカスをするのは、そんな「インタラクティブ広告」のディレクションを担当している海老名京介。彼はどのような点にUNICO

やりたいことが見つからないあなたへ─人の「熱」に浮かされる人生のススメ。 - 豊田晃大-

こんにちは!UNICORN株式会社、新卒1年目の豊田晃大です。 僕は今就活を頑張っているあなたに向けて、そして内定を複数もらって会社を決めかねているあなたに向けて記事を書いています。 僕は「自分のやりたいこと」を軸に就活をしていましたが最終的には「かっこいい!ついていきたい!」と思った会社を選びました。受験生時代に人生に爪痕を残すような体験があり、明確にやりたいことがあったのにも関わらず、です。 自己分析でも面接でも「原体験」が求められることが多い就活のなかで、どうして

「夢は叶う」と日本のアニメが教えてくれた ─ UNICORNで見つけた自分の強みを活かせる場所。- Tan Chokuan -

UNICORNは2019年より、グループ会社である株式会社アドウェイズと共同で、ブランド広告主(グローバルに展開している大手企業)向けの広告運用事業に取り組んでいます。 着手してから約3年が経過し、チームの規模や事業領域は大きく拡大。現在は多数のブランド広告主さまのインターネットマーケティング事業を支援させていただくこととなりました。 今回フォーカスするのは、このチームで広告運用に取り組んでいる、 Tan Chokuan(タン チョクアン)。 2015年にマレーシアから

かっこいいと思える企業で、信頼し合える仲間と働きたい - 次山遥大 -

はじめまして。UNICORNに2022年新卒で入社した次山です。みんなからはツギと言われています。 現在、僕は広告代理店が抱える顧客の課題に対してUNICORNを活用し解決・価値提供を行う「SPC(Sales Partner Consuiting)チーム」で、主にアプリの休眠復帰プロジェクトを担当しています。アプリを一度離れたユーザーがどのようなタイミングでどのような広告に触れたら再度アプリを利用してくれるのかを考えたりする役割です。 今回は、僕自身がどんな人間なのかを皆