マガジンのカバー画像

UNICORN Team

41
運営しているクリエイター

#社員インタビュー

デジタル広告の常識を覆す「インタラクティブ広告」を作るプランナーの、これまでとこれから - 海老名京介 -

UNICORNは2019年より、グループ会社である株式会社アドウェイズと共同で、さまざまな手法を用い、ブランド広告主(グローバルに展開している大手企業)向けの広告運用事業に取り組んでいます。 その中でも、ユーザーが実際に広告に触れることができる体験型広告「インタラクティブ広告」は、私たちが得意とする広告手法の一つです。 今回のCAREER STORYでフォーカスをするのは、そんな「インタラクティブ広告」のディレクションを担当している海老名京介。彼はどのような点にUNICO

スキ
4

「夢は叶う」と日本のアニメが教えてくれた ─ UNICORNで見つけた自分の強みを活かせる場所。- Tan Chokuan -

UNICORNは2019年より、グループ会社である株式会社アドウェイズと共同で、ブランド広告主(グローバルに展開している大手企業)向けの広告運用事業に取り組んでいます。 着手してから約3年が経過し、チームの規模や事業領域は大きく拡大。現在は多数のブランド広告主さまのインターネットマーケティング事業を支援させていただくこととなりました。 今回フォーカスするのは、このチームで広告運用に取り組んでいる、 Tan Chokuan(タン チョクアン)。 2015年にマレーシアから

スキ
9

どんな時もクライアントと向き合っていきたい。「人間力」を得て戻ってきたマーケティングコンサルタントの決意とこれから - 今泉拓也 -

UNICORNは2019年より、グループ会社である株式会社アドウェイズと共同で、ブランド広告主(グローバルに展開している大手企業)向けの広告運用事業に取り組んでいます。 着手してから約3年が経過し、チームの規模や事業領域は大きく拡大。現在は多数のブランド広告主さまのインターネットマーケティング事業を支援させていただくこととなりました。 今回、フォーカスするのは、チームの若手ホープ的存在である、 今泉拓也。 新卒で入社をしたアドウェイズに再びジョインしたのは2021年、春

スキ
7

0からのスタートだった。UNICORNのブランド広告領域、立ち上げから現在まで - 薄井一高 -

UNICORNは2019年より、グループ会社である株式会社アドウェイズと共同で、ブランド広告主(グローバルに展開している大手企業)向けの広告運用事業に取り組んでいます。 着手してから約3年が経過し、チームの規模や事業領域は大きく拡大。現在は多数のブランド広告主さまのインターネットマーケティング事業を支援させていただくこととなりました。 今回フォーカスするのは、このチームを牽引しているメンバーである、薄井一高。彼はどのような点にUNICORNの魅力を感じ、共同でチャレンジを

スキ
8

これまで培ってきた経験、価値観、カルチャーを信じ、その先のゴールに向かっていく - カジタ -

UNICORNはサービス開始以来、ユーザーに広告を「本当に価値のある情報」として認識してもらえるよう、さまざまなサービス・プロダクトを開発し、運用を行なっています。 その広告運用をより効果的に行うためには、プラットフォームの運用管理画面をわかりやすく設計することも大切なことのひとつ。新卒で入社をしたアドウェイズから異動し、2021年秋頃からUNICORNで働くカジタは、その管理画面のUI・UXデザインを担当する一人です。 今回は、彼女がこれまで歩んできた道と、これからUN

スキ
13

UNICORNに入社して変化していったエンジニアとして働く価値観 -鈴木慎一郎-

App Storeに訪問をしたユーザーが、キーワード検索をした際に表示される広告「Apple Search Ads」。 UNICORNでは、そこで最大限のパフォーマンスを発揮させるため、キーワードの入稿からオーディエンスの設定まで、組み合わせに応じたきめ細やかな買い付けを自動で行うことが可能になる「Apple Search Ads 自動最適化エンジン」を開発し、2019年2月より提供を開始しました。 今回の主役は、その開発を担当しているソフトウェアエンジニアである鈴木慎一

スキ
7

仲間たちを影で支えながら、世の中の課題解決をしたい。これからの「キャリア」を考え抜き、たどり着いた場所 - 須藤恵輔-

結婚をして、新しい家族にも恵まれ、順風満帆に思える日々。 しかし、まだまだこれから長い社会人生活において、ひとりの男として、今後どのようにキャリアを歩んでいくべきなのか。そして、中長期的に関わっていきたい仕事とはなんだろう。 そのようなことを考えた末、須藤恵輔は2020年末にUNICORNに入社をしました。 須藤は2007年、UNICORNの親会社であるアドウェイズに新卒で入社後、GREEへの転職を経て、現在はUNICORNにて営業戦略・マーケティングに従事。事業の拡大

スキ
13

調子に乗っていた自分が挫折したきっかけと、救ってくれた先輩について- 漆原渉

社会人には誰にも、頭が上がらない先輩がいる── アドウェイズグループに入社して約10年。現在UNICORNのシニアコンサルタントとしてゲームやVODアプリを担当している漆原渉にとって、その頭が上がらない先輩が、UNICORNのCEOであるやましょーです。 一度は挫折しかけ、救ってもらった。そして、その恩返しをするためにUNICORNに加わった。そんな彼が、今どんな思いを持ち、UNICORNで働くのか。 新卒で入社してからこれまでのキャリア、そして現在の心境を自身のことば

スキ
32

起業したいという想いを抱きながら。それでも僕がUNICORNで働く理由 - 外村明久

「いつかは自分自身で起業してみたい──」 そんな想いを抱き、ベンチャー企業に就職を志望する学生の皆さんも多いのではないのでしょうか。 アドウェイズグループに入社して約6年。現在UNICORNのシニアコンサルタントとしてゲームやVODアプリを担当している、外村明久もそのひとりでした。 「将来は起業をしたい」という目標を持ちながら、なぜ彼は今もUNICORNで働くのか。 新卒で入社してからこれまでのキャリア、そして現在の心境を紐解いていきます。 たとえ起業をしたとしても

スキ
32

「好きなものに携わっていたい」─自分に正直に向き合い続けて辿り着いた”居心地の良い”職場 - わたなべなつき

やりたくないことでも、やらなくてはいけないのが仕事。 世の中一般的にはそう言われることも多いかもしれません。しかし、ストレスを抱え続けていけば、もともと好きだったことまで嫌いになってしまうかもしれない。そうした危機感を抱えながら、自分の「好き」に向き合い続けてキャリアを選択してきたのが、現在、UNICORNのマンガ広告の運用業務を担当する、わたなべなつきです。 スーパーのレジ打ち、コールセンター、スマホアプリ攻略サイトのライターなど、さまざまな職種で経験を積んできた、彼女

スキ
4

「やり切ること」がもたらす価値とは。IT広告営業マンが、キャリアを振り返って感じた大切なこと - 神田佑貴

例え失敗をしても良いから、最後までやりきること。投げ出すことは簡単だが、最終的には“結果”として残ることはない──。 このように語るのはUNICORNのシニアマーケティングコンサルタント、神田佑貴。 若手の頃に失敗と反省を繰り返し、経験を重ねてきたからこそ、自分を客観的に見ることができるようになったのだといいます。 新卒で入社したUNICORNの親会社・アドウェイズでどのような経験を得たのか。そして、彼が考える理想のチーム像とは。自身の言葉で、今と昔を振り返っていきます

スキ
4

「遠回りをしても、可能性を信じ抜く。」─UNICORN取締役が振り返る、新規事業への挑戦と組織づくり - 井上孝仁

「広告は本当に意味があるものなのか?」 ”広告の価値”を信じているからこそ、自分の中の違和感を見逃さず、事業と組織に向き合ってきた。そして可能性を決して捨てることはしなかった── 今回のキャリアストーリーで紹介するのは、UNICORNの取締役として組織開発・採用を担当している井上孝仁です。 彼が信じ続けた「広告」に対する原体験、そしてUNICORNで実現したい未来とは。自身の言葉で、今と昔を振り返っていきます。  はじめに私のこと──仕事も遊びも全力投球で はじめま

スキ
20

事業と共に組織の成長を。可能性を信じたカムバック社員が、会社にもたらした変化とは - 太田 誠

UNICORNで働く社員一人ひとりにフォーカスを当て、どんなキャリアを経て、何を信じて働いているのかをそれぞれの言葉で語ってもらう「Career Story」。 今回登場するのは、UNICORNのシニアビジネスストラテジスト・太田 誠です。 UNICORNの親会社であるアドウェイズに入社後、事業会社への転職を経て、現在はUNICORNにおいて事業全体の営業戦略を指揮。各メンバーの業務内容の組み立てや、事業の拡大を模索しながら、自らもプレイヤーとして業務を行っています。

スキ
7

勤続13年、ベテラン社員がUNICORNで見つけた“価値ある一歩” - 横山裕治

UNICORNで働く社員一人ひとりにフォーカスを当て、どんなキャリアを経て、何を信じて働いているのかをそれぞれの言葉で語ってもらう「Career Story」。 今回登場するのは、UNICORNのシニアビジネスデベロップメント・横山裕治です。 UNICORNの親会社であるアドウェイズの入社年から数えると、勤続期間はこれまで13年。現在はUNICORNのロジックを利用したApple Search Adsへの配信運用業務を行い、各パートナーのビジネス拡大に大きく成果を上げ続け

スキ
26